掃除する時に霧吹きが必要

汚れを綺麗に落とす目的

スポンジで擦るだけでは、汚れを綺麗に落とすことはできません。
洗剤の力が必要です。
洗剤を吹きかける時に霧吹きを使用しますが、ペットボトルで代用できます。
100円ショップで霧吹きの上の部分が売られているので、それを取り付けましょう。
それだけで霧吹きが完成するので、非常に手軽です。

重曹を使って掃除しても良いですね。
ペットボトルに重曹の粉末と、水を適量入れてください。
重曹が完全に溶けたら、洗剤が完成します。
天然の洗剤なので、人体に悪影響を与えることもなく安心して掃除に利用できます。
掃除したくなった時にすぐ霧吹きを用意できるよう、事前に作っておきましょう。
用意できていないと、掃除に対するモチベーションが下がってしまいます。

適量の水を与えよう

花を綺麗に咲かせるためには、適量の水が必要です。
多すぎても少なすぎてもいけません。
たくさん水を与えると、植物が元気になると思っている人がいるでしょう。
しかし水の量が多いと、根が腐ってしまいます。
腐ったら、もう復活できません。
腐らないように適量の水を与えること心がけてください。

ジョウロでは、水を多く与えすることがあります。
そこでおすすめは、霧吹きです。
霧吹きなら少量ずつ水が出るので、与えすぎることはありません。
花の水やりをする時にも霧吹きが欠かせないので、ペットボトルで作ってください。
水やり用だったら、そこまで大きいサイズでなくても良いでしょう。
適量は、土が湿るぐらいです。
溢れそうなぐらいの水は多すぎます。